新規会員登録をすると1000ポイントプレゼント
最新情報やお得な情報を配信中! メールマガジン登録
送料改定のお知らせ
2018awクリアランス
2019年春夏商品
シークレットセール
おしゃれな大人の普段着
店舗一覧
期間限定ショップ案内

営業日カレンダー

2019年 01月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
今日
休業日
2019年 02月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28   
休業日

営業時間

月〜金 10:00〜12:00
    13:00〜17:00

土・日・祝日はお休みとなります。

■土日祝日は定休日です。メール・電話のお問い合せはお休みとなっております。翌営業日から順次対応させて頂きますので、何卒ご了承願います。


.
2018.12.28(Fri)
オルウェイズ公式通販サイトは本日で仕事納めとなります。

今年は、期間限定ショップを出店したり
通販カタログに掲載されたりと
今まで以上に多くの皆様に知っていただいた1年でした。

また、公にお知らせすることはできませんでしたが
映画やドラマ等のメディアで着用していただいたりと
様々な場所でオルウェイズの名前を見かけた1年でもありました。

多くのお客様と出会えたこと、
また、今年も無事に1年を終える事ができたこと、
心よりお礼申し上げます。

今年は、10年以上前にご購入いただいたお客様からも
同じものが欲しいとご連絡いただく事があり、
オルウェイズの商品は本当に長く着ていただいているんだなと
嬉しく思った1年でもありました。

実際に生地や縫製はもちろん、
着心地を一番に重視して作っていますので
何年経っても飽きることなく、
ずっと着続けられるお洋服だと思います。

長く大切にしていただくほど、
着る人の身体になじみ心地よくなっていく。

そんなお洋服作りを目指し
来年もより多くの皆様のもとに素敵なお洋服をお届けできるよう
スタッフ一同全力で取り組んでいきたいと思いますので
来年以降も変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。

寒さが厳しくなってきましたが
風邪などひかないよう、暖かくお過ごしくださいませ。

良い年末年始をお過ごしください。


オルウェイズ スタッフ一同













.
2018.12.26(Wed)
昨日はクリスマスでしたね。

我が家は23日にパーティをしたので、
昨日は特になにもない日として普通に過ごしました。

今年は150cmのクリスマスツリーを購入したので
普段質素な部屋がなんだかとっても華やかになり、
子どももサンタさんが来るのを心待ちにしていました。

さて、このサンタクロースの服の色。

なぜ赤色かご存知でしょうか。

これを決めたのはなんとコカ・コーラ社。

それまでのサンタのイメージは、妖精だったり子どもだったりと様々でした。
それをコカ・コーラ社が、自社のイメージカラーの赤を全面に出して
定着したのが始まりだそう。

ただ、それ以前にも赤服のサンタは存在しているので
「キリスト教の司祭服由来」という見解もあるようですが。

もしかすると本当はダウンコートにデニムパンツのサンタクロース
なんてこともあるかもしれませんね。












.
2018.12.21(Sat)
先週、信楽焼の手作り体験をしてきました。

作ったのはタヌキではなく、お皿。

50人くらいの人数で集まり作ったのですが
与えられた時間は1時間。

出来上がって顔を上げると、
私が一番早く、わずか10分くらいで作りました。

特に悩むことなく、作りたいものを黙々と作ったのですが
周りの人たちは、何度もやり直しながらとっても丁寧に作っていて
改めて自分の作品を見るとなんだかボコボコしているし
小さな穴が開いていたりと、まだまだ未完成。

慌てて水を使い、表面をなめらかにしたりと補修したのですが
ボコボコしているのもなんだか味な気がして
結局そのままに。

できあがるのは2月中旬なので、それまでのお楽しみです。

信楽焼は滋賀県甲賀市信楽を中心に作られるせっ器で、
日本六古窯のひとつとされています。

日本六古窯とは、鎌倉時代以前より継続している古い窯の中で、
後生大きな産地となった代表的な六つの窯、
瀬戸・常滑・越前・信楽・丹波・備前の六窯を指す言葉です。

また、どこに行っても出会うタヌキの焼き物。
手には徳利や通帳を持ち、笠をかぶり、少し首を傾けているのが
可愛らしいですね。

このタヌキは「八相縁起」と呼ばれる縁起物で
・大きな目は周囲を見渡し正しい判断ができるように。
・徳利は徳をもてますように。
・太いしっぽは何事もしっかりと事を終えることができますように。

など、タヌキに8つの縁起がかけられています。

そのため、様々なお店の前に飾られていたり
お土産に使われてたりするんですね。

信楽の街は、ほんとにたくさんの場所で
たぬきが出迎えてくれます。

お気に入りのたぬきを見つけるのも楽しいですね。












.
2018.12.12(Wed)
写真、だるまじゃないです。

大きすぎてわかりにくいのですが
12月になったらあちらこちらで見かける
サンタクロース。

兵庫県の東西に走っている阪神電車の神戸三宮駅に
毎年12月になると見かける巨大サンタです。

写真には写っていないのですが
サンタの胸元には「神戸三宮」と書かれた
駅のプレートがかけてあるので
みなさん神戸に降り立った際の思い出に
このサンタと一緒に写真を撮るようです。

毎年12月が来ると
街はイルミネーションで彩られ
流れる音楽はクリスマス。
冷えた空気と冬の深さこそイルミネーションは
より映えますね。

あえて見に行くというロマンティックなことは
いつのころからか、しなくなりましたが
目にすると心がウキウキと弾むのは、
まだまだ若い証拠でしょうか(笑)

ちなみにこのイルミネーション。
私が小さい頃は田舎だったせいか、どこにもなかったような、、、。

元々、初めて電球イルミネーションを始めたのは
なんとエジソン!
自分の発明品を売りたいがために、自身の研究所の周りを
白熱電球で飾りつけたそうです。

そこから明治時代に日本に登場し、人々の話題となり
定番化していきました。

そのもっと前には
マルティン・ルターが森の中で煌めく星を見て感動し
木の枝に多くのロウソクを飾りその景色を再現したことが
イルミネーションの始まりだといわれています。

誰かに見せたい、喜んでもらいたい、
そんな気持ちから生まれたイルミネーションだったんですね。

現代ではプロジェクションマッピングに進化するなど
芸術品ともいえる美しさですが
その根本はやはり喜んでもらいたい、感動してもらいたいという
想いが詰まっているからこそ、人の心を動かすんですね。